ホーム English
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
>
注目製品
>
自動車補修用ギボシ端子 for Professional B-1 / B-2 , B-1-24K / B-2-24K
自動車補修用ギボシ端子 for Professional
> 製品詳細ページ B-1 , B-2 , B-1-24K , B-2-24K
ギボシ端子の圧着方法
半世紀にわたる伝統と豊富な納入実績 プロの整備士が認める確かな品質
ヒーロー電機の自動車補修用ギボシ端子である「B-1」および「B-2」シリーズは、プロからの厳しい要求に最大限に応えるため自動車補修部品<専用>を基本コンセプトとして製品開発を実施。
また 、製造は「国産材料」および「自社製造」に一貫することで製品自体の高い品質と信頼性を維持し、これまで国内外において高いご評価をいただいております。
安心・信頼の証 「MADE IN JAPAN」。設計開発から製造まで一貫して自社で対応し、製品自体の高い品質と信頼性を追求。また、これまで 自動車アフターマーケットを中心に、国内外を含め約半世紀の販売実績を誇ります。  
自動車整備の際に求められる作業効率向上を目的に、ヒーロー電機のギボシ端子は、自動車補修部品<専用>として製品開発を実施。また、自動車アフターマーケットを中心とした補修部品用圧着配線ターミナル専門総合メーカーとして、これまで培ってきた経験を製品の随所に反映させたプロユースモデル。
ハンドツールで端子電線を圧着する際、端子に“プリフォーム”を施すことで、ハンドツールの弱点である端子の傾きを少なくすることができます。これにより、「軽く」・「確実」な圧着が可能となり、作業時間の短縮、良好な仕上がりが実現できます。
プロの整備士が使用することを前提としたプロユース向け製品として、製品開発段階からのコンセプトとして導電性を追求。「素材」・「板厚」・「表面積」 にこだわり、高い導電性の確保を実現。
銅の導電率に関する豆知識
素材自体に銅の化学成分(銅含有率)が高いほど導電率は高く、逆に銅以外の化学成分の比率が高くなるほど、導電率は低下をします。
プロユース仕様の製品として、表面のメッキ処理にも徹底的にこだわり質を追求。製品プレス加工後に、スズメッキ(光沢)または24Kメッキ(金メッキ)処理を行なうことで製品表面はもとより切断面にもメッキ処理が施され、製品自体の腐食防止や導電性低下防止に寄与いたします。
ギボシ形圧着配線ターミナルを圧着する際のワンポイントアドバイス
ギボシ端子の良好な圧着仕上りを実現するには、製品自体にプリフォーム有無のほかに、 圧着に使用する圧着工具も大きく影響をします。ヒーロー電機の圧着工具(B-14およびFRH-07)は、圧着性能を左右する歯型部分をバフ研磨(鏡面仕上げ)することにより、スムーズかつ確実な圧着を実現いたします。
製品仕様
品   名 ギボシ端子(オス) ギボシ端子(メス)
製品写真 B-1 B-2
品   番 B-1 B-2
材   質 JIS C2600 (黄銅1種)
表面処理 スズメッキ (光沢) 処理
適用電線 0.50mm2 〜 2.00mm2
適用工具 B-14, FRH-07, FRC-200
品   名 ギボシ端子(オス) ギボシ端子(メス)
製品写真 B-1-24K B-2-24K
品   番 B-1-24K B-2-24K
材   質 JIS C2600 (黄銅1種)
表面処理 24Kメッキ (金メッキ) 処理
適用電線 0.50mm2 〜 2.00mm2
適用工具 B-14, FRH-07, FRC-200
品   名 絶縁スリーブ 絶縁スリーブ
製品写真 B-3 B-4
品   番 B-3 B-4
材   質 PVC(ポリ塩化ビニル)
電線側
製品内径
Φ2.5mm
品   名 防水型絶縁スリーブ 防水型絶縁スリーブ
製品写真 B-3W B-4W
品   番 B-3W B-4W
材   質 PVC(ポリ塩化ビニル)
適用電線 AV 0.85mm2
電線被覆
外径
Φ2.4mm
ギボシ端子(品番:B-1・B-2 / B-1-24K・B-2-24K)実車装着例
ギボシ端子(品番:B-1・B-2) スズメッキ仕様 ギボシ端子(品番:B-1-24K・B-2-24K) 金メッキ仕様
ギボシ端子用防水型絶縁スリーブ(品番:B-3W/B-4W)の製品特長について
防水型絶縁スリーブの内部構造は立体的な形状となっており、「電線」ならびに嵌合相手の「防水型絶縁スリーブ」と、下記特長のとおり互いに密着することで外部からの水の侵入を防ぎます。
ギボシ端子用 防水型絶縁スリーブ(品番:B-3W / B-4W )実車装着例
トヨタ自動車 LEXUS [CT200h](型式:DAA-ZWA10)   (製品装着例 拡大画像)
SUBARU レヴォーグ [LEVORG](型式:DBA-VM4)   (製品装着例 拡大画像)
SUBARU レヴォーグ [LEVORG](型式:DBA-VM4)   (製品装着例 拡大画像)
日産自動車 ノート [NOTE](型式:DBA12)   (製品装着例 拡大画像)
ギボシ端子の圧着方法
かつてギボシ端子や圧着工具は業務用でしたが、
最近は一般の方が使用されるケースが増えてきました。
ギボシ端子の圧着(かしめ方)は正しい知識と熟練が必要です。
不完全な圧着は接触不良や断線を引き起こします。
そこでヒーロー電機は、「誰にでもわかりやすい」を
コンセプトに本マニュアルを作成しました。
今回はギボシ端子 オス(品番:B-1)を例にご紹介いたします。
手順1
ギボシ端子が圧着できるヒーロー電機の工具は、FRH-07とB-14の2種類がありますが、ここではFRH-07を使用します。
圧着工具 FRH-07
圧着対応製品例
ギボシ端子
(オス)
ギボシ端子
(メス)
ギボシ端子
(オス)
ギボシ端子
(メス)
絶縁スリーブ 絶縁スリーブ
スズメッキ(光沢)処理 24Kメッキ(金メッキ)処理
B-1 B-2 B-1-24K B-2-24K B-3 B-4
圧着工具には電線を切るカッターが付いていますので、
ニッパーなどの工具に持ち替える事なく作業ができます。
先に端子を付けてしまうとスリーブが通らなくなりますので、最初に絶縁スリーブを通します。(本マニュアルはオス端子から施工しますが、メス端子を先に施工しても問題ありません。)
芯線の太さに合わせて歯を選びます。
被覆を剥く長さは、端子の圧着部の長さより1mmほど長め(4〜5mm)にします。
「CLOSE→←HERE」が閉じるまで握って、矢印の方向に引いて被覆を剥きます。
ギボシ端子(品番:B-1)の芯線圧着部中央を軽く挟んで固定し、電線を芯線圧着部に挿入します。
手元の「CLOSE→←HERE」が閉じるまで強く握って芯線を圧着します。
INS(インスレーション〔絶縁被覆〕)圧着用歯型に挟み変えて圧着します。
絶縁スリーブを端子側に挿入します。
この時、下図のように絶縁スリーブの所定の位置に端子INS圧着部が確実にはまるよう注意します。
メス端子の施工要領も、オス端子の手順3〜手順8と同じです。
電線の絶縁被覆に端子の被覆押さえを圧着する場合はINS部「M字形」歯型を使用します。
防水用ゴム栓(ワイヤーシール)を圧着する場合はINS部「丸形」歯型を使用します。
 
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © HERO ELECTRIC CO.,LTD. All rights reserved.